ボクのニートの原因

ボクのニートの原因は甘やかされて育ったことです。末っ子で親兄弟が甘やかしました。ボクの機嫌が悪いと、親兄弟は腫れ物に触るように おろおろしました。おもちゃなどがほしい時は泣き叫ぶと手に入りました。世界は自分の思うとおり動く。そして、困ったら誰かが飛んできて助けてくれる。

 

でもです。小学校に入って、世界は自分の思う通りには動かない、ということがはっきりとわかり愕然としました。でも、自分を変えることはできません。

 

このころから様々な葛藤が始まったのです。周囲から「しっかりしろ!」と、言われても何もできない。自分はどうしてこうなんだろう、と悩み始めました。 ボクのニートとのかかわりは根が深いんです。

仲のよい家庭にもニートは生まれる

知り合いにテレビのホームドラマのように親子がとても仲のよい家族がいます。子供が小さいころは親子が友達のような間がらでした。 ところが、二人の息子は今ニートです。何をやっても長続きしません。大学入試も失敗し、親が探してきた職場も すぐやめてしまいます。就職したり、バイトをやったり、何もしなかったりの連続です。

 

見ていると、やっぱり親が子供に対して甘いのです。40歳近い子供達にお小遣いを渡しています。でも、とても仲良くやっています。 親がいなくなったらどうするのだろうと人事ながら心配です。

泣き叫んでいる子供を見ると

よく街角やスーパーなどで大声を出して泣き叫んでいる子供を見かけます。親は子供をしかるわけではなく 子供の言いなりです。そんな光景を見ると、子供のころの自分を思い出し、その子の将来の苦労を思い とても複雑な気持ちになります。「あ〜あ、ここにもニートの候補者がいる」。