怠け者で引きこもり的性格だから考える

怠け者で引きこもり的性格のボクは、ボ〜としながらも頭では何かを考えています。もっとも、中身は大したことではありませんが。

 

とにかく、行動は苦手ですが、考えるのはそれほど苦ではありません。いつしかそれが習慣化しました。

 

一度座ったらなるだけ動かない

今、こたつでこのサイトを作っています。目の前にパソコン。そして、手の届く範囲に必要なものが並んでいます。ペン、メモ帳、ハサミなど文房具、必要な本、それに、おやつやミカン、飲み物もあります。

 

一度座ったらトイレ以外では立ち上がらなくてよいように、さまざまなものを周りに置いています。とにかく、一度座ったらもう立ち上がるのが億劫で仕方ありません。いつもなるだけ動かないように、とそれだけ考えています。

 

怠け者は効率を考える

会社で仕事をするときは、いつもどうしたらこの仕事を最低の労力でこなせるかということばかり考えていました。普通の人が1時間でやる仕事は20分ぐらいでやるように工夫していました。

 

例えば、上司が指示してくるようなことは先回りして準備していました。また、誰かに頼めるものはさっさと頼んでしまいました。そして、すばやく仕事を済ませると、後は仕事をしているふりをして遊んでいました。

 

やがて”あいつは仕事ができる”と噂に

いつもいつも頭を使って、効率よく仕事をやろうという怠け者の発想で行動していると、やがて、あいつは仕事が早いとか、仕事ができるとか言われるようになってしまいました。

 

でも、あまり出世して責任と仕事が増えるのは困りますから、何事もほどほどに、です。