ニート・フリーターの末路

ニートやフリーターでは結婚もできない

ニート・フリーターも20代、せいぜい30代までは、アルバイトをしながらあまり世間を気にしないでなんとか生きていくjことができます。でも、40代を超えて50代にもなればアルバイトも限られてきて、苦しい生活に追い込まれてしまいますす。そして、長くニートやフリーターをやっていると、特に男性は、結婚することも難しいのが現状です。

 

悲惨な事件が聞こえてくる

親が生きていれば親の年金や貯金どでなんとか食いつないでいけます。でも、自分が年をとっていけば、当然親も年をとっていきます。そして、親が他界してしまえば万事休す。親の年金で食いつないでいると、とたんに収入がなくなる。そうすると当局に親の他界を知らせずに、死体を隠して年金をもらい続けて逮捕されるという最悪の結果につながりかねません。

 

生活保護はどうか

じゃぁ生活保護はどうか。60代後半にでもなれば、なんとか頼み込んで生活保護をもらえるかもしれません。でも、それまでの生活がニートやフリーターであれば、生活保護を申請してもすんなりとはいきません。健康であれば60代でも働くことをしつこく迫られることになり、のんびりと生活するとはいきません。何しろ年金でも65以上の時代です。たとえもらえたとしても、ずっと肩身の狭い思いをしながら生きていくtことになります。

 

今がまさに決断の時

こんな将来予測は子供にだって想像がつくのに、長くニートやフリーターをやっているとなかなか腰を上げて行動することができません。そして、あっという間に人生は終わりに近づく。その終わりは上に述べたようにどうにもならない苦しいことになります。1年歳をとればそのまま行動力がなくなってきます。このようなことを考えている今がその最終決断の時期です。