これからどんな仕事をしていこうか。

これから社会に出て行こうと決めたとき、どんな仕事をしようかと思い悩みました。やりたいという仕事はありません。 そんなことはそれまで考えたこともありません。きつい仕事は嫌だし、セールスなどの仕事はできないし、何か楽でいっぱい稼げる仕事はないものか、と思っても、そんな仕事があるはずはありません。

いろいろな職業を転々としない

長い人生を振り返ってみると、一つの分野の仕事をしていくということは、とても大事なことだと気がつきました。
いろいろな職業を転々としている人は、”この人は一体どんな仕事をしたいのだろう?”と思われ、転職する場合にとても悪い印象を与えてしまいます。 また、転職のたびに新しい仕事をすると、あなたは常にその分野では新人です。若い人に教えを乞う事態になってしまいます。 あるいは年下の上司にあれこれ命令されて働くことになります。

コピーライターにでもなるか

大学を追い出されることが決まったころ、誘われて知り合いのイラストレーターが働いているデザイン会社へ遊びに行きました。 銀座にあるその会社は日本で有数のデザイン会社で、当時、有名なデザイナーやコピーライターが所属していました。

 

そこで初めてコピーライータという仕事があることを知りました。なにやら広告の文章を書く仕事らしい。 ”鉛筆一本でできる仕事。しかも、楽そうだ。これ! これ!” 単細胞人間のボクはすぐ飛びつきました。

コピーライターなどなれるわけがない

コピーライターになろうと思い、コピーライター養成講座へ通い始めました。でも、それまで文章など書いたことがありませんから、コピーライターなどなれるはずはありません。

 

でも、この将来に対して一歩を踏み出したということは、その後のボクの人生に一つの大きな基盤を作ってくれました。それは全く知らなかった広告・宣伝に関する知識を得たことです。そこで、生まれて初めて就職した会社も、広告・宣伝の仕事ができる会社を選びました。

 

そして、ほんの少しですが、広告の仕事に携わることができました。それが一つの経験になり、次に転職したのは、デザインプロダクションの会社です。

広告・宣伝の分野でやっていこう

コピーライター養成講座では、ボクのことですから、それほど一生懸命勉強するはずはありません。でも、ここで重要なことは、この講座は人生で初めて自分で勉強しようとした分野です。コピーライターにはなれませんでしたが、そのころ、これから広告・宣伝関係の仕事をしていこう、と決心しました。逆に言うと、その他の仕事の知識はありませんから、これでやっていくしかなかったのです。ボクの仕事の柱らしきものができました。

大きな枠の中でキャリアを積んでいく

やがて、広告・宣伝の大きな枠であるマーケティング(広告・宣伝はマーケティングの一つの分野)という仕事へと進んで行きました。

 

一つの分野の中だけでキャリアを積んでいくと、いくら頭が悪いといっても少ずつ専門知識が増えて行きます。広告・宣伝という芽が少しずつ大きくなり、葉っぱになり、そして大きくマーケティングという幹に成長していきました。